3月17日、千駄木、KLASSでのワークショップ開催しました!

今回は満員御礼。年少さんから1年生までの男の子女の子が参加してくれました。
制作テーマは「イースターエッグを作ろう!」今年のイースターは4月ですが先取りしての制作となりました。

イースターってどんなことするの?イースターエッグってどうやって遊ぶの?イースターの行事の意味や卵の遊び方などを説明して制作スタート。

上下に穴を開けて中身を取り出した卵の殻に小豆を入れます。穴から小豆が飛び出ないように指で押さえて卵を振るとシャカシャカと音がします。小豆が少ないと高いカラカラという音。たくさん入れると低い音に。好きな音になったら薄い色紙で蓋をします。そのまま色紙を重ねていき穴が見えないくらいになったらシールやマスキングテープでデコレーション。ビビットな色やソフトなパステルカラー、色紙は10色用意しました。シールの貼り方、選び方もみんなそれぞれ違って楽しいイースターエッグが完成しました。

一人一人こんなに違うんですねえ、なんて親御さんからも聞かれるほどバリエーション豊かな仕上がりになりました。

一番小さな生徒さんが出来上がりの作品を持って「たからものにするのー!」と話してくれたのが嬉しかったです。
イースターまで1ヶ月。お家に飾ったり遊んだりして楽しんでね☆